忍者ブログ
ADMIN / ENTRY
2017
11
<<  >>
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
アパレルメーカーを経営しています。たくさんの方に支えられ来年は20期を迎えます。 山あり谷ありの日々ですが、おかげさまで楽しい毎日を送っています。 日々思いついたことを書き綴ります。コメントがあればどしどし入れてください。
[22]  [21]  [20]  [19]  [18]  [17]  [16]  [15]  [14]  [13]  [12
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

アメリカという国は、日本とは違い 国の目的が大変明確である。
「国益の追求」それは唯一無比のものである。 


アメリカの国益とは何であろうか。
①恒常的赤字である貿易、財政、対外債務の半永久的な先延ばし
②アメリカの存在そのものであるドル基軸体制の維持(優しい国際経済①)
③限りある資源エネルギー原油の確保(デヴィット・ロックフェラーが支配) 


この国益の達成にはアメリカの生存がかかっている 毎秒増大する赤字補填のためドル増刷と世界の資金をアメリカに集中させ続ける必要がある。 


アメリカのよく言う自由の拡大とは ドル市場の拡大のことであり そのためにはドル機軸体制を維持しなければならない。そのためアメリカは、自由拡大とドル基軸体制を阻止しようとする国(人)は決してゆるさない。(優しい国際経済④-⑤)
逆にどんなテロ国家でもアメリカの国益にかなうのであれば存続を認める。 


北朝鮮の核問題解決を目的に6カ国(日米露韓中朝)協議を行っている。

各国の国益ということで北朝鮮の核問題を考えて見ると
アメリカは、北朝鮮に核が存在することで周辺国家へ兵器が売れる。
特に日本には多量の兵器を買わせることができる。(韓国、台湾にも売れる)

ロシアは、同じ共産圏(ソ連が崩壊しても民主主義には程遠い)として北朝鮮の核保有はアメリカ・日本への抑止力になる。中国も同様である。

韓国は、北朝鮮との南北統一が成し遂げられたとき労せずして核保有国になれる。こんな良いことはない。 


果たして本気で北朝鮮の核廃絶を考えている国は、いるのだろうか。日本は経済援助や貸付をロシア、韓国、中国にしている。だから彼らは正面きってどうでも良いという態度はとらないが、本当は日本だけが真剣であとの国は「どちらでも良い」が本音ではないだろうか。 


北朝鮮は、核武装をやめてしまえば ただの3流国家でありロシアの後ろ盾も薄れた今 何の力もない。そうなれば周辺国である日本、韓国、台湾などがアメリカから兵器を買う理由は薄れその量は激減するだろう。 


だとすればは今の北朝鮮は、アメリカの国益にかなう。いやアメリカがかなうようにしている(核を持たせている)と思えてならない。であれば6カ国協議は、単なる茶番劇であるということになる。国際政治とは手練の場である。つづく 
 
PR
この記事にコメントする
お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[09/04 むらた]
[08/31 むらた]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
cisco1号
性別:
男性
職業:
アパレルメーカー経営
趣味:
フットサル、ジョギング、スキューバダイビング、スキー、読書、投資全般
自己紹介:
妻と2人の子供3匹のヨーキーと暮らしています。
洋服好きです。作るのも売るのも着るのも大好きです。
週に3~4回AM6:00から60分のジョギングをしています。
会社のスタッフとフットサルをやっています。楽しいですね。
また週に3~4冊の本を読みます。国際経済、マーケ、人生、歴史、などノンフィクションが好みです。
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
アクセス解析
カウンター
Powerd by NINJAブログ / Designed by SUSH
Copyright © アパレルのボスブログ All Rights Reserved.
忍者ブログ [PR]